【司法書士の将来性】なぜ、司法書士が活躍できるチャンスが『カンボジア?!』にあるのか?

司法書士の将来性

カンボジアで建設されているマンションの数々

かわさき
司法書士にとって、登記などの従来業務は、先細りかもしれませんよね。人口も減るし。
ところがカンボジアには、なぜか日本の司法書士が活躍できる場があるんです。

なぜか?

今回はそのレポートです。

カンボジアで登記制度を作った金武絵美子さん

2020年の1月の終わりにカンボジアを訪問してきました。
税理士の団体であるTKCの、カンボジア視察に同行させていただきました。

そして、カンボジア政府(国土省)で法律を作っている金武絵美子さん(日本の司法書士)にお会いしてお話しを聞いてきました。

写真は、日本のお蕎麦屋さんで。真ん中の女性が金武絵美子さん。
左が司法書士 宮本先生。金武さんの日本の登録事務所のボスです。

カンボジアのホテルで、講演する金武絵美子さん

金武さんはカンボジアの国土省で不動産登記制度を作っています。
いまは、正しく運用されるように(登記がワイロで通ることがないように)注力しているとのこと。

金武さんのオフィスには「書式精義」など、日本の登記の専門書がずらっと並んでいました。

カンボジアの登記制度は日本の登記と大体同じなんだそうですよ。
そりゃ、司法書士が作るんだからそうでしょうね。

カンボジアには専門家がいない

なぜか?

理由は、1970年代後半にカンボジアの政権があったクメール・ルージュによる大量虐殺。
知識層がほぼ皆無になってしまいました。
一説によると、字が読める人はみんな、殺害されたか国外逃亡したとのことです。

その後、クメール・ルージュが去り、カンボジアを立て直さなければいけません。

しかし、

・知識層はいない
・知識層を育てるための教える人もいない

という状況です。

これでは、経済発展はままなりません。

経済発展するには、不動産の権利を保全することは大変重要です。
まずは不動産に多くの投資がされるので。

ですから、登記制度を作る協力を、日本に求めてきたんですね。

それで派遣されたのが金武絵美子さんです。

カンボジアは急ピッチで成長しているが・・・

現在、カンボジアは年6~7%で経済成長を続けています。
実は東南アジアトップの成長率。

マンションやビルの建築も急ピッチで進んでいます。

ところがこれらの不動産を登記する担い手がいない。

カンボジアには登記を代理するための資格はありません。

知識さえあれば、誰でも登記申請ができるんですね。

そして、その登記の仕組みは日本の司法書士が作った。

日本の登記制度とほぼ同じだそうです。

後、必要なのは英語力だけ。

登記はクメール語(カンボジア語)ですが、英語ができれば、クメール語は現地のスタッフに任せることができます。

ドンドン立つビルやマンション。

しかし、登記の担い手がいない。

日本の司法書士が、少しリスクをとる覚悟があれば、大きなチャンスがあると思いませんか?

何から取り組むか?

まずは、現地の状況を見てください。

カンボジア、特に首都のプノンペンは、1年もたてば景色が変わるほど、急激な開発が続いています。

急激な成長を続けるカンボジア(首都プノンペン)

ビルやマンションがあちこちで建設されています。

そのカンボジアの勢いをまずは、肌で感じて欲しいと思います。

次に、することは、現地でネットワークを作ること。

どうやって作るか?

日本人は、カンボジアにはまだまだ進出する人が少ないので、日本人同士のつながりが強い。

ですから、まずは、日本人が経営するホテルやショップにいき、そこから情報を得始めてはいかがでしょうか?

カンボジアで活躍する日本の人たち

カンボジアで、現地の農家向けにマイクロ・ファイナンス(小口融資)をしている日本人もいます。

カンボジアの農家は、未だに牛などで耕作しています。

そこに100万円くらい融資するだけで、トラクターが導入でき、一気に耕作面積が何倍にもなるそう。

貸したお金もわずか1年で返済することも多いそうなんです。

カンボジアの成長に寄与していますよね。

カンボジアでマイクロ・ファイナンスで農家の支援をしている菊池育朗さん(真ん中)

下の写真の女性は、ミャンマーで女性の自立支援をしています。

数万円の融資で小物商や飲食店などを立ち上げられます。

あと重要なのは教育。

お金の使い方や帳簿のつけ方など、少しの教育があれば、自立しやすくなります。

そのような、教育もセットで提供しているとのことです。

ミャンマーで女性の自立支援をしている加藤侑子さん。
経済的な理由で大学を断念した経験がありながら、今や、銀行のオーナーなんですよ!

皆さん生き生きしていて、とても精力的でこちらも勇気をもらえるような人たちでしたよ。

ですから、まずは現地に行って、現状を見ることから初めてはいかがでしょうか?

私には夢がある

僕は、10年以上前から、海外に展開することが夢でした。

ドメスティックな資格の司法書士なのに、ずっとそんなことを考えていました。

民事信託も、将来は、海外で展開することを考えているんですよ。

だって、今後、急激に高齢化が進む国が近くにありますし。

現在、カンボジアでまたとないチャンスがあふれています。

このチャンスを多くの司法書士に提供したいと考えています。

できれば、司法書士をカンボジアに派遣する仕組みを作り、それを多くの人に提供したい。

できるかどうかはわかりませんが、まずはいろいろ動いてみようと思っています。

あなたも、カンボジアで起きているチャンスをまずは見てくださいね。

メルマガで配信中 メールアドレスを登録すれば、民事信託や相続、後見などの実務の最新情報を無料で受信できます。
入力データは、シマンテック社のSSLの技術により、暗号化されて送信されますので、ご安心ください。

司法書士の将来性
シェアする
民事信託 実務家のあなたを応援します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました